free html site templates

やっぱりどこよりウチが好き

Atelier YOROZUのお片付けブログ

趣味の道具はこの範囲〜収納と量は優先順位で考える〜

2019/12/17

趣味のものが増えすぎて収納を圧迫しないために

自分にとっての適正量

ネイル
スキンカラーにラメで逆フレンチ

娘が保育園に行き始め、遊び疲れてか夜の寝付きが良くなりました。
私も時間と、何より心に余裕ができ、最近数年ぶりにセルフジェルネイルを再開しました。
仕事でPCに向かう時間も長くなったので、常に目に入るのはやっぱり手元。
きれいに整えた指先が見えると、ふとした時に嬉しくなります。
着物の整理をして少し場所も空いたので、A4サイズの収納ボックス一箱分に収まる量で! と決めて、むやみに増やさず楽しんでいます。

今は子どもが小さいし、仕事に差し支えても困るのでショートネイルで基本は単色かちょとラメやスタッズを足す程度。
そのため、前に比べて必要なアイテムも少なくて済むようになりました。

あとは何より小型化が進んで場所を取らなくなってる! 技術の進歩バンザイ!
マニキュアタイプのジェルなら筆もいらないし、凝ったことをしなければ付属の筆で十分です。

住まいのサイズに合わせる

私は他にも革製品の手入れが趣味ですが、こちらも収納からはみ出さないように道具箱のサイズを決めて適宜見直しながら量を一定に保っています。
我が家は40平米の広さで3階構造のため、各フロアが狭い作りです。
そして、玄関正面の奥行きのある棚、二階のクローゼット、キッチンの棚以外に作り付け収納はありません。
そこに収まらないものは当然部屋のどこかに置かなければいけなくなります。

もちろん収納を増やせば部屋が狭くなります。
それが嫌だからと言って全て玄関正面と二階のクローゼットに収めるのではかえって動線が良くなく使いづらいし、親子三人不便なく暮らすための持ち物の量は入りきりません。
だから仕事机の横と階段下に棚を作っています。
広さと動線を考えた上でこうなりました。
とは言え、これ以上収納家具で床面積を減らすことはしたくないので、今は趣味にしろ日常的に使うものにしろ増やすよりは減らす方向でものに向き合っています。

趣味のものを増やすことは悪いことではない! けれど……

ネイル
青いポーチにはファイルやウッドスティックが入っています。

私も趣味のものとなるとついつい甘くなりがちで、この色使えるかも!と思って買ってはイメージと違い、もったいない……でも肌なじみが悪いしもう使わないかも……と悩んだりします(今も一本悩んでる色があったりして)。
凝ったアートもしない分、色が重要とばかりにいろんな種類が欲しくなる気持ちももちろんあります。

でも、そのほしい気持ちと、今住んでいる家の広さ(収納の状況)、趣味にかけるお金等考えると、現状維持がベストかなと言うところに落ち着きました。
私にとって趣味はもちろんプラスのものだけど、部屋が狭くなったらそれはストレスになるし、じゃあもっと広い家に引っ越して収納が大きな環境に住むかと言うと、今は固定費に回さない分貯金もしたいし……。
いろんな要素を天秤にかけてA4収納ボックス死守!

あと大事なのは試してから買うことだなぁ〜。
つい通販で買っちゃうけど、どのオンラインショップも注意に書いているように、ご利用の環境によって実際の色とは差が出るという、まさにそれで失敗している(涙)!
年末日本に帰ったら新宿のネルパラに行って試してから2本だけ買おう。
そして迷ってる一本と微妙に固まってきた古いマニキュアを捨てよう。

はー考えただけで楽しみ! この気持が心の栄養なんだなぁ。

  記事一覧  

関根つかさ

整理収納アドバイザー。
40平米1LDKの物件から、32平米をきるステュディオに引っ越したことを機に、本格的に整理収納を学ぶ。
もともと自宅件アトリエで着物レンタル「巴里キモノ倶楽部」を運営しており、レンタル用の着物や帯、小物や着付け道具などの持ち物もが多い。
現在は夫婦二人と1歳児+猫一匹で収納の少ない40平米のアパルトマン暮らし。狭くても居心地よく生活できる部屋を研究中。
100均のないフランスで、コストを掛けず見た目もスッキリした収納を実現しようと試行錯誤の日々。

Copyright ©Atelier YOROZU All Rights Reserved.

Privacy Policy